押尾学 逮捕現場のマンションはピーチジョン社長所有?

2009年08月04日

一斉摘発間近!・・芸能界のウラ事情



昨夜から大きなニュースになっているが、合成麻薬「MDMA」を使用したとして、俳優・押尾学容疑者(31)が3日、麻薬取締法違反の疑いで
逮捕された。

警視庁は今日にも関係先を家宅捜索し、MDMAの入手ルートなどを解明する方針だという。
押尾逮捕のきっかけとなったのは、六本木ヒルズのマンション一室で裸のまま死亡した女性が発見されたことだ。

このマンションに彼が出入りしていたことから事情聴取を受け、麻薬反応が見られたために逮捕にいたった。
女性の死については、事件性はないと判断されているようだが、それを疑問視する声が上がっている。

引用:業界ヘッドロック

通報で駆けつけた麻布署員が見たものは、女性の変死体だった。
ところが、その変死体を見ても「事件性がない」って言うんだから不思議である。警察は正直、どういった捜査を行ったのかはわからない。

また、その死体の発見された部屋というのは、当初は「押尾の所有する隠れ部屋」という情報だったが、実は、「Nが所有する部屋」という情報も出てきた。
「N」というのは、ホリエモン(堀江貴文・元ライブドア社長)に、吉川ひなのを紹介したり、かつて”ヒルズ族”の下の世話をしていた、実業家の”ミニスカ社長”である(下着通販会社・ピーチジョン社長の野口美佳)。

また、亡くなった女性についても「野口美佳社長の会社の関係の女性ではないか」と言われている。
亡くなった女性について当初は、押尾が出入りしている六本木交差点近くのサパークラブ「K」の女性ではないかと言われていた。

この店は、あるアーティストが経営している店だが「押尾は連日のように来店して、女の子を持ち帰っていた」なんていう情報もある。
また、その一方では「亡くなったのは、銀座のクラブの女」とも言われるなど、改めて女性の交友関係の広さを示した感じだ。

っつたく、押尾というのは可愛い女房や子供もありながら、とんでもない男だったのだ。まあ、とんでもないのは、最初から分かっていたことだが…。

いずれにしても、ヒルズレジデンスの”隠れ部屋”で、大麻パーティーをやっていたことは明らかである。
その部屋が、情報通り、ピーチジョン社長の野口美佳の所有する部屋だとしたら…。
「この部屋は、明らかに、大麻やSEXのヤリ部屋として使われていました」(事情通)といった声もある。


posted by 芸能人・芸能界噂好 at 15:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。